抜け毛

女の抜け毛

MENU

 私は福祉関係の仕事をしている、29歳の女です。偏食が始まったのは、25歳の時に転職をしてシフト制勤務となった頃からでした。勤務時間も12時〜20時で残業して帰宅は早くても23時、日付が変わることも多かったです。その時間になると、料理をするのも面倒、というか体力がなかったのが大きな要因です。仕事の後は甘い物がほしくなるタイプだったのですが、ごはんと甘い物を両方毎日購入するのはお金がかかるので、ごはんを食べずにコンビニスイーツばかり食べていました。

 

 偏食が始まった当初は特になにも気にならなかったのですが、少しずつ肌が乾燥していたのはなんとなく感じていました。偏食を開始して3ヶ月ほど経過したある日、髪をとかした後のブラシをふっとみてみると、恐ろしいほど大量の抜け毛…。ホラー映画のようで、自分でも驚きました。それまでにも徐々に抜け毛が増えていたのだと思いますが、気付いた時にはその位大量に抜けていました。どのあたりの抜け毛が一番多かったかはわからなかったのですが、全体的にまんべんなく髪が抜けていたように思います。その頃から気にかけていると、髪を結んだ時のボリュームが半分程度になっておりうまくまとまらないことが増えました。全体的な量が減ったので、ボリュームがなくぺたんとしやすくなってしまいました。またアホ毛が目立つようになり、その頃の自分はまったく女性としての魅力がなかったと思います。

 

 鏡をみるのが嫌になるほどだったので、どうにかしたい!と強く思いました。ちょうど別の良い仕事を見つけたので、転職したタイミングでまず生活リズムを整え、料理ができる気持ちの余裕づくりからはじめました。そこから、まずは3食食べることから始め、甘い物を減らしました。仕事帰りにコンビニに寄り道することも控えました。週末に野菜とお肉を買い、下ごしらえをしておくことで、バランスの取れたメニューをできるだけ簡単に、仕事で疲れた状態でも継続して作れるように工夫しました。そこから2ヶ月ほどした時に改めて自分の姿を確認しました。肌荒れなどがかなり良くなっており、髪にも艶が出ていました。ぺちゃんこだった髪はボリュームがでており、女性らしさも戻ってきてくれました。ここまでくればほっと一安心です。今回のことで、食事がどれだけ大切か、偏食がどんなに怖いかを思いしりました。これからも継続して今の食生活を続けられるよう、自分のペースで頑張りすぎずに生活していきたいと思います。