頭皮 脂

女の抜け毛

MENU

 私は30代後半の専業主婦のものです。32歳まで会社勤めをしていましたが出産を機に仕事を辞め、現在に至っています。仕事をしている20代後半ごろから頭皮の脂っぽさに悩んできました。そして、毎晩きちんとシャンプーしているにもかかわらず抜け毛も多くて、そのことについていつも密かに悩んできました。出産してからは産後の抜け毛にさらに悩まされ、本格的に頭皮状態や抜け毛対策について考えるようになりました。

 

 頭皮が脂っぽくて一番困る面は、夜遅くなると脂が浮いてきて髪の毛がベタついてしまうことです。女性としてそれは清潔感に欠けます。そして、シャンプーの際に全然泡立ってくれないので洗っても全然スッキリ感がなく、結局シャンプーを2回することになります。シャンプー代も時間も掛かりますし、たくさんシャンプーしたのに翌日はまたベタつくのです。そしてシャンプーの際に大量の髪の毛が抜けてしまいます。妊娠する前からこの調子なので、産後の抜け毛の時期には本当にハゲてしまうのではないかと悩みました。頭を見られるのがイヤで人と会うのが億劫になったり、ヘアスタイルが全然決まらず苛立ったりしました。

 

 そこで、1回ヘッドスパに行って本格的に頭皮ケアを行ってみました。そこで頭皮チェックをしてもらったところ、なんとシャンプーのやり方が間違っていると言われました。大量にシャンプーを使っているのに全然すすぎが出来ておらず、頭皮にシャンプー剤が残ったままだったのです。頭皮の脂っぽさと抜け毛の多さは、ここから来ていると言われました。シャンプー前に髪の毛を濡らす際に、髪の毛よりも頭皮自体を濡らすことを意識するよう指摘されました。そしてシャンプー後のすすぎに関しても、髪の毛よりも頭皮をよくすすぐように言われました。そしてドライヤーで乾かすときは、髪の毛が乾いたらOKなのではなく、頭皮や髪の根元がカラカラになるまで乾かすように言われました。湿ったまま寝てしまうと頭皮が蒸されて、抜け毛の大きな原因になってしまうそうです。確かにこれまでは髪の毛を乾かす際に、ある程度乾いたらおしまいにしていたので、根本近くはずっと半乾きの状態でした。ですので、シャンプーのすすぎをしっかり行い、髪の毛を根本まで乾かすように意識しました。

 

その後は抜け毛の量が大幅に減ったように思います。そして、新しく生えてくる髪の毛の量も増えました。頭皮の脂っぽさも悩まなくなりました。髪の毛そのものよりも頭皮のケアの方がより重要なのだと思います。